『禁断の惑星』(1956年 米)

多くの人がサンドイッチを食べる前にその写真を撮ってネットにアップする時代になり、強烈なナルシシズムを持つことが異常とは言い切れないようになった。メディアを通して自我を拡大できるようになった社会において、ナルシシズムはむしろ、自分はつまらない存在だという感覚から逃れるための当たり前の要素なのかもしれない。(マイケル・ダントニオ : 『熱狂の王 ドナルド・トランプ』)

禁断の惑星エグザビア HDニューマスター版(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [Blu-ray]

 ども。「自分はつまらない存在だという感覚」から逃げられないkikです。サンドイッチの写真をアップしても、誰も見てくれません。ふん。

 さて、ネット上の「リア充自慢」(自我)が更に拡大していくと、人間や社会はどうなるんでしょうね。

 まあ、ふつーに考えると、「こうなりたい(こう見られたい)私」と、「現実の私」とのギャップが大きくなってくるんですかね。今でも、SNSの写真用に、友だちや恋人を代行するサービスがあるとか。…なんか哀しくなるサービスですが。 拡大するのは自我(エゴ)というより、厳密には欲動(イド)なのかもしれませんね。

 なんにせよ、現代のテクノロジーは、イドもエゴも拡大する「手段」を、日々作り続けています。そして、拡大された自我が、更にテクノロジーを進化させるという高速循環。

 それらのテクノロジーは、すごく便利なんですが、一方、人間の能力や自我(イド)を無制限に拡大し続けちゃって、本当に大丈夫なのかなあ、という不安もよぎります。

 だって、映画の中では、自我の拡大をコントロールできず、滅んじゃった種族が存在しますからね。惑星第4アルテアのクレール族がそうでした。

 クレール人は、潜在意識(欲望)を自由に具現化するという画期的テクノロジーを開発したものの、それを制御できずに怪物を生み出し、互いに殺し合って滅亡しました。

 その後、アルテアに移住した地球人も、モービアス博士とその娘以外は、謎の怪物に襲われ殺されてしまいます。映画史上最も愛されるロボット、ロビー(後に『スター・ウォーズ』でR2-D2-のモデルとなったことでも有名)ですら、その怪物には太刀打ちできませんでした。

 サイバーリテラシー三原則の一は「サイバー空間には制約がない」ですが、それは(概念的な)空間だけとは限りません。サイバー空間を構成する高度なテクノロジーは、人の欲求を、制約なく実現していきます。

 人類の果てしない欲望を実現し続けていくと、地球には、どんな怪物が生み出されるのでしょう。

 地球人の未来は分かりませんが、クレール人は滅亡しました。そして本作の最後、惑星第4アルテアそのものも、自爆しちゃいます。

監督 フレッド・マクラウド・ウィルコックス
出演 ウォルター・ピジョン レスリー・ニールセン 他

熱狂の王 ドナルド・トランプ

『モダン・タイムス』(1936 米)

モダン・タイムス Modern Times [Blu-ray]  ども。kikです。エマ・ワトソン主演の 『ザ・サークル』 を観てきました。アメリカ本国での興行実績から、あんまり期待せずに観たんですが、なんというか、本国で酷評された理由も含め、サイバーリテラシーを考える上では教科書みたいな作品でした。いろんな意味で。

 まあ、(『ザ・サークル』の主人公のように)自分のプライバシーを常時SNSで公開していたら、精神的に追い詰められていくのは当然です。エマ・ワトソン自身、Twitterで2500万人からフォローされているというから、かなり追い詰められているんじゃないでしょうか。この作品で。

 さて、最近は「SNS疲れ」という言葉をよく耳にしますが、人間、四六時中テクノロジーに囲まれていたら疲れるに決まってます。…と分かっていても、一度入り込んだら、なかなか抜け出せないのがSNS(情報)社会の怖いところ。

 だって、社会全体がその方向に流れちゃってるし。先輩から「友だち申請」来ちゃったし。あの娘の、どーでもいいランチ写真に「いいね!」しておかないと冷たい人と思われそうだし。上司の、会ったこともないクソガキ 子ども写真に「可愛いですね!」とかコメントしておくのも仕事の内だし。フォロワー数が少ないと、友だちいない奴って思われそうだし。

 そういう流れに逆らい、あるいは立ち止まって、「自分にとって本当に大切な/必要なモノは何か」なんて考え直すのは、そう簡単なことじゃないですからね。サイバーリテラシーの実践は、案外難しそうです。

 ところが。世の中には、そうした「心理的不可能の壁」を、あっさり乗り越える人もいます。本作のチャップリンもその1人。本人はそんなこと自覚していない(という役だ)から、その右往左往はメッチャ笑えますが、同時に、逃げ場のない(と思い込みがちな)社会に、思いがけない視点を与えてくれます。ほんと、「笑い(ユーモア)」 って大事ですよね。

 機械化社会に翻弄され、時代に取り残される主人公ですが、実は誰より 「テクノロジー社会の中で、いかに人間性を維持し、いかに幸福を見いだすか」 を考え、テクノロジーに縛られる社会の滑稽さを嗤います。

 巨大な歯車に巻き込まれるチャップリン同様、僕らも(好むと好まざると)この情報社会からは逃れられません。だからこそ、それらと上手に向き合い、追い詰められる前に、自分や社会を笑い飛ばす余裕が必要なんです。

 …という意見をTwitterに書いて、エマ・ワトソンから「いいね」を貰おうと思います。わははは。

 ちなみに。本作のエンディングで、全てを失った主人公が、未来を求め、大切な人と歩き始めます。
 流れる曲は、『スマイル』です。

監督 チャーリー・チャップリン
出演 チャールズ・チャップリン ポーレット・ゴダード 他
作曲 チャーリー・チャップリン

Smile

『牛泥棒』 (1943年 米)

牛泥棒 [DVD]  kikです。先日、会社の下りエレベーターに乗ったら、ものすごく臭かったんです。それはもう、卵の腐ったような強烈なニオイでした。他に乗ってる人がいなかったので、たぶん上階で降りた人の忘れ形見だろうと、息を止めて我慢してました。

 ところが、次のフロアで別の社員たちが乗ってきたんです。しかも女性ばかり。誰もが無言でしたが、僕に非難の目が向けられたことは、ハッキリと感じました。痛いくらい。その場では何も言えなかったけど…

冤罪だからな!

 てことで、今回は冤罪(えんざい)に関する映画。

  1800年代後半のアメリカ西部、オックス・ボーとい小さな町(なので原題は『Ox-Bow INCIDENT』)が舞台。牧場主殺害と、牛泥棒を疑われた3人の男が、自警団に捕まります。無罪を訴える彼らですが、町の大多数が(怒りと正義感から)私刑を支持。正式な裁判を経ず、彼らは縛り首となります。しかしその直後、町の人々は、彼らが無実だったことを知るのでした…うわぁ…てな話。

 まあ、冤罪というテーマはドラマになりやすいので、昔から演劇や映画でよく扱われてきました。いわゆる「法廷モノ」の定番ですね。
 ただし、本作は法廷モノというより、前出『M』同様、群集心理の怖さを描き、『正義とは何か』を問いかける、より骨太な西部劇です。実話がベースの なんともやるせない話ですが、アカデミー賞候補にもなった名作。終盤にヘンリー・フォンダが読み上げる手紙が、ドスンと胸に響きます。

 現代では、さすがに私刑で縛り首…は聞かなくなりましたが、替わりに(?)「スマイリーキクチ中傷被害事件」のような、新たな形の冤罪が生まれています。そうした事件や、ネットで他人の非を執拗に難じている人たちを目にすると、本作で無実の男たちを吊し上げていた自警団を思い出します。インターネット時代になっても、人間の本質的な弱さ、愚かさ、恐ろしさは変わらないんですな。

 て、他人事みたいに言ってますが、多数派に属しているだけで、なんとなく自分が正しい気になったり、正しさへの過信から、集団の中に絶対的な正義が生まれてしまう状況って、日常生活の中でもありえますよね。エーリッヒ・フロム言うところの「匿名の権威」は、いつの時代もを支配してるんです。たぶん。

 しかも現代では、仮に冤罪が晴れたとしても、疑われたという事実がネット上に(ほぼ永遠に)残りますからね。二次被害というか、自分に非がなくても、ずっと嫌な思いをしなくちゃなりません。「忘れられる権利」が一般的な権利として、社会に浸透するのはいつの日なんでしょうか。

 そして願わくば、過日エレベーターに乗り合わせた女性たちの記憶から、僕が忘れられることを祈ります。

 だって、冤罪だもん。

監督 ウィリアム・ウェルマン
出演 ヘンリー・フォンダ 他

自由からの逃走 新版
自由からの逃走 新版

posted with amazlet at 17.09.12
エーリッヒ・フロム
東京創元社
売り上げランキング: 4,803
 
IT社会事件簿 (ディスカヴァー携書)
矢野直明
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-02-26)
売り上げランキング: 597,597

『M』(1932年 独)

M (エム) CCP-271 [DVD]  ども。最近、政治家のスキャンダルが(呆れつつも)面白くて仕方ない kik です。今のところ、2017年1番のヒットは、ピンクモンスターこと、豊田真由子衆議院議員の「このハゲーーーッ!」絶叫。全国の薄毛の人を敵に回しましたよね、あの人。
 ちなみに友人があの音声をメールに添付してきたんですが、間違って電車内で再生しちゃって、一瞬死ぬかと思いました。そういうイタズラ、良くないです。

 ネット上では、そうした炎上騒ぎが次々起きていますが、中にはイジメというか、集団私刑(リンチ)を思わせる行為も目につきます。誹謗中傷を浴びせたり、個人情報を晒したり、更にはもっと直接的な行為に及んだりと、それ自体が犯罪に近い行為ってのは、どう考えてもやり過ぎ。義憤に駆られての行為なんでしょうが、それらが集団で行われるとなると、もはや集団私刑以外のなにものでもありません。後から「そんなつもりはないんですぅ~~♪」と歌っても許されません。

 1931年に製作された本作でも、連続幼女殺人事件の犯人が、犯罪者集団や一般市民の手によって追いつめられていきます。
 ちなみに犯罪者集団が犯人捜しをするのは、警官が町をうろついてる状況が迷惑だから。割と自分勝手な理由だったりします(少なくとも当初は)。

 まあ、警察が見つけられない犯人を、市民が協力して探しだす。それ自体は、何の問題もありません。
 でも、群集が地下室で人民裁判を開き、その場で犯人を処刑…となれば、話は別です。しかも犯人は「少女を見ると殺さずにはいられなくなる」という(映画史上初の)性的異常者なので、問題は更に複雑に。

 凶悪事件の犯人が精神鑑定によって刑事責任を減免されることに関しては、(少年犯罪と並んで)今なお議論がありますから、(心情的には)この群集を理解できる人もいるかもしれません。
 しかし、映画は人民裁判の様子を犯人の視点で展開していきます。これこそ本作の主眼なんですが、そこで観客が目にするのは、怒りと憎しみ、そして義憤に我を忘れ、醜く歪んだ群集の顔、顔、顔…。何より恐ろしいのは、その顔の中に自分自身を発見しちゃうことです。

 本作の本来のタイトルは、『殺人者は我々の中にいる』。ナチ批判と疑われてタイトルを変更しましたが、この『M』とは、MURDER(殺人者)の頭文字を指します。
 また、監督自身の説明によれば、我々の掌には、誰にでも『M』に似た手相があるとのこと。そう、我々は誰であれ、Mになる可能性を持っているわけです。実際、Mへの怒りや恐怖、時に正義感によってすら、我々は暴徒=殺人者(M)に変わり得ます。ネットの集団私刑も根本的には同じですが、匿名性によって、より無意識に暴徒側になりやすい。つまるところ、(これは今思いついたんですが)、『M』は、MAN(人間)の頭文字なんですよね。怖い話です。

 ちなみに監督は、前出『メトロポリス』撮影後、ナチスから逃れてアメリカに亡命した、天才フリッツ・ラング。

 ちなみついでに言うと、本作のモチーフ(というかアイデアの一部)になったのは、1920年代初期にドイツ全土を恐怖に陥れた、ペーター・キュルテン、ゲオルグ・カール・グロスマン、フリッツ・ハールマン、カール・デンケといったシリアルキラー(連続殺人犯)たち。第一次大戦直後のドイツに、なぜこれほど多くのシリアルキラーが出現したのか、といった話も興味深いんですが、それはまた別の機会に。

監督・脚本 フリッツ・ラング
出演 ピーター・ローレ 他

『メトロポリス』(1927年 独)

メトロポリス 完全復元版  (Blu-ray Disc) ども。某酒席で、「サイバーリテラシー的な問題点って、映画じゃ昔からテーマになってるんですよねー」なんて言ったら、(当サイト主宰者から)「じゃあそれ書け」と命じられた kik です。余計なこと言わなきゃ良かった…。

 まあ、そんなこんなで始まった当コラム。 『映画史に見る~』なんて仰々しいタイトルも頂いちゃいましたが、要は、古い映画をサイバーリテラシーにこじつけて…もとい、サイバーリテラシー的な視点で、(極私的に)考察してみようという気楽なコラムです。気楽にお付き合い頂ければ幸いです。

 さて。いきなりですが、どんなテクノロジーも諸刃の剣なんです。

 て、いきなり大上段に構えてみましたが、実際そうだと思います。インターネットだって、使い方によっては自由とか民主主義を拡散するテクノロジーになり得ますが、同時に、それらを阻みたい権力者にとっても便利なツールになりますからね。
 そして、テクノロジーを効率的に使うことに長けているのは、いつの時代も、権力者側じゃないのかな、と。

 SF映画黎明期の傑作として知られる本作でも、テクノロジーが、使う側の意図次第で、いかようにも変化することが描かれています。裕福な支配者階級と、貧しい労働者階級に二極化した未来社会で、支配者が用いるテクノロジーアンドロイド=マリアでした。ちなみにマリアは、アンドロイドだけど見た目は超美人。さすが権力者、その辺(どの辺か知りませんが)よく分かっていらっしゃる。労働者たちは、たちまち虜になります。

 権力者側の目的は、マリアを使い、ストライキを企てている労働者たちの団結を崩すことでした。今で言うところの情報操作ですね。インターネットなんてない時代から、権力者ってのは情報をコントロールしたがるもんです。
 しかし、マリアを作った科学者の真の目的は、階級闘争を扇動し、国家に混乱をもたらすことにありました。今で言えばサイバーテロですね。高度なテクノロジーってのは、悪意を持った技術者が一人いるだけで、エラいことになります。
 かくして、マリアに扇動された労働者たちは、やがて暴徒と化して街を破壊していきますが…。
 
 映画史的に見どころの多い本作ですが、個人的にモヤモヤしたのは、暴動によって自らの子どもたちを危険にさらした労働者たちが、支配者階級の青年に助けられる終盤シーンでした。青年が悪の科学者を倒し、支配者階級と労働者階級を和解させる…というエンディングは、どうにもスッキリしません。だって、階級格差はちっとも解消されないんだもの。

 その原因は、本作監督(フリッツ・ラング)の妻であった、テア・フォン・ハルボウの脚本のせいです。ラングは労働者側の勝利で終わる話にしたかったんですが、ハルボウは当時、ナチス思想に傾倒しており(それが原因でユダヤ人のラングとは離婚)、支配者階級をエリートとして礼賛こそすれ、一方的な悪者として描く気はなかったわけです。

 彼女に限らず、昔から映画はプロパガンダとして使われてきました。それは現代も変わりませんが、この時代は特に露骨というか、各国の権力者が、映画を「国策宣伝」のために利用していました。つまり、当時は映画こそが、最新のテクノロジーだったわけですね。

 ちなみに、本作に登場する映画史上初の(そして映画史上最も美しい)アンドロイド=マリアは、後に『スター・ウォーズ』のC3-POのモデルになったことでも有名です。(Kik)

監督 フリッツ・ラング
出演 アルフレッド・アベル 他