Onlineシニア塾への招待

 Onlineシニア塾はコロナ下の蟄居する日々の中で、ロートル3人組(松浦康彦、森治郎、矢野直明)が、時代に取り残されないようにしこしこ始めた「Zoom勉強会」が発端である。2020年5月に開設、サイバーリテラシー研究所のウエブ<サイバー燈台>の一角に「Zoomサロン」のコーナーを設け、活動報告を行っている。

 コンセプトは<オンライン(ミーティングツール、Zoom)を使ったシニアのためのグローバル・コミュニケーション塾>で、塾長は矢野がつとめている。塾生はもっぱらシニアで、①若者に学ぶ、②シニア同士語り合う、③若者に伝える、の3分野(ジャンル)を想定しているが、2021年5月現在、講座<若者に学ぶグローバル人生>、<気になることを聞く>の2講座のほかに特別講座を適宜開設、すでに授業は20回以上に及んでいる。塾は曜日にかかわりなく、月に約2回、曜日には無関係に、だいたい午後8時から1時間半ほど開いている。

 心理学者、ユングが言う「人生の午後」を有意義に過ごしたいと思っている人、伊能忠敬の「一身二生」を生きようと考えている人、さらに言えば、藤沢周平の描く三屋清左衛門のように「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ」を実感している人々、そういう人に参加していただければ、と考えている。もっとも昨今は70歳でも「人生花盛り」、一線で働いている人も多く、こういった現役の参加も大いに歓迎である。

 一般に「シニア(年長者)」とは何歳ぐらいから言うのか、実はきわめてあいまいである。当初は50歳以上をメドにしていたが、海外からの若い留学生から話を聞く機会も多く、若者同士の交流を促進するためにも、参加者の年齢制限は外している。すなわち若者の参加も歓迎している。

 スピーカーも塾参加者も当面はボランティア(無料)である。現在はスピーカー、メンバーとも20人強だが、これを当面それぞれ50名ぐらいまで拡大したい。

 いまや多くの情報発信がユーチューブやツイッター、インスタグラムなどのSNS経由で行われている。すっかり影を薄めたマスメディアに代わってこれらソーシャルメディアを使った良質の硬派記事が多くなっているが、趣味の園芸、クッキングなどさまざまな情報発信も花盛りで、教えたり、教えられたり、実のあるコミュニケーションが繰り広げられている。そこにOnlineシニア塾がどう一石を投じられるかは、今後の成り行き次第である。

 参加希望者はもちろん、スピーカー候補などの応募や推薦をお待ちしている。ミーティング用ソフトにはZoomを使っており、まだZoomを使ったことがないけれど、参加したいという人には、「私家版・Zoom自由自在―シニアも使える超簡単マニュアル」も用意している。

 2021年5月からコミュニケーション・ツールとしてslackを導入、ミーティング以外に会員相互で意見交換する場を設けている。参加希望、ご意見などは事務局、info@cyber-literacy.comまで。

2021年5月 Onlineシニア塾・矢野直明

<Onlineシニア塾の概要>

・メンバー資格
 ウエブ<サイバー燈台>上の「Onlineシニア塾への招待」を読んで参加を希望する人は、事務局まで申し込めば、簡単なプロフィルを提出していただいたうえで、基本的に参加を許可する。シニア塾を標榜しているが、とくに年齢、性別、国籍の制限はない。会費は当面無料である。当塾でスピーカー(講師)を務めてくれた方は、自動的にメンバー資格を得る。

・メンバー心得
 Zoomを通して活動の幅を広げるとともに、何らかの形で社会貢献することを考える。完全なボランティア活動なので、スピーカー発掘、参加者の拡大、新たな授業計画など、率先して会の運営に協力する。入会と同時にslackにも参加し、会員間のコミュニケーションに役立ててほしい。とくに若いスピーカーに対して、自分が役立てることで積極的に貢献することを考えていただきたい。

・ゲスト
 ゲストとして、毎回参加するのではなく、興味のある会だけ参加することも可能である。また特別講座は大学の「オープンキャンパス」のように、広く参加者を募っているので、まずはゲストとして参加していただくのもいい。参加希望者は名前とURLを添えて事務局に申し込めば、当該授業への参加が許可される。

・サイバー燈台
 Onlineシニア塾の活動はウエブ<サイバー燈台>で逐一報告される。
 それぞれの授業においてはスピーカー、概要、エピソード、感想、知らせておいた方がいい知識などを適宜編集して公開、一般の人がOnlineシニア塾に興味を持ってくれるように心がけている。メンバーの寄稿も歓迎している。

 <Onlineシニア塾は2021年5月で一周年を迎えました。これを機に、2020年7月29日に掲載した「Onlineシニア塾への招待」をバージョンアップ、同時にその概要を付記した>

“Onlineシニア塾への招待” への2件の返信

  1. アバター高橋清

    敬愛する藤沢周平さんのことにふれて頂き感謝です。シニア塾ですが私の懇意なネパール料理店経営者でカダカさんという方がいます。もう20以上前から伊勢市にあるスパイシーキングという店を経営、津市にも支店を開いています。5回目のゲストの方と接点が出来るといいなと思っています。

    返信
  2. KanKan 投稿者

    高橋さん
     コメントありがとうございます。
     ネパール人の彼はまた日本に来る予定です。コンタクトをとっておきます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です